水、空気、太陽などの自然の恵みをいかした
安心安全の米づくりをめざしています

ー 福島県郡山市多田野の中村和夫さんご一家ー

Q1:中村さんが「こだわりの米づくり」を始めたきっかけはどうしてですか?
  「こだわりの米づくり」というよりは「安全な米づくり」と表現したほうが合っているかと思います。以前から農薬を使わない米づくりをしていましたが、身近に病弱な子供を持つ人がいて、その人から安全な食べ物を作って欲しいと頼まれた事がきっかけです。「安全な米づくり」を追究しているうち『自然農法』と出会い更にその想いが強くなりました。

Q2:中村さんが「米づくり」で特に心がけていることはどんなことですか?
  決して米は人間が作っているのではなく「稲という作物が米を作っている」のだということです。人がビジネスを考えて稲の本来の生育をそこねるような環境をつくりださないように子供や孫に接するように、作物にもそれなりの想いを持って接しなければと思います。

Q3:中村さんが自然との共生で気をつけていることはどんなことですか?
  特別意識しながら農に取り組んではいませんが、自然界にあるものをできるだけリサイクルして使用することが、健康な土づくりの礎になると考えていますし、人間が化学合成したものを使わなければ自然が蘇ると考えています。

Q4:中村さんが生産者として伝えたいことはどんなことですか?
  農産物はすべて人間が作っていると思われがちですが、よく考えると水、空気、太陽光線など、大自然と作物が共同制作した自然の恵であり、自然の営みの中で産出されるものであって、工業製品とは大きく異なっているという点をみなさんにもよく理解して欲しいです。

Q5:中村さんは購入客との「交流会」(『囲炉裏でランチ』)などをされていますが?
  直接、農の現地を見て、触れていただけれは、農への理解、想いが食べていただく消費者に伝わると思うので、いつでも来ていただきたいし、門戸を開いています。

Q6:その他、中村さんがお客様に伝えたいことはどんなことですか?
  農薬を使わなかったり化学肥料を使わない有機栽培であっても、毎年必ずおいしい物が100%できる保障は何もありません。ただ、安全安心ということは言いきれますが、気候・風土を越える農の技術というものは存在しないと考えています。

中村さんご一家の「有機栽培米づくり」に対する真(しん)摯(し)な取り組みが伝わってきます。息子さんご夫婦も農家を継がれるとのことで、【いいもの屋】では、これからも中村さんちの「有機栽培米」をご紹介いたします。


佐々木さんのインタビュー佐々木さんちの自然米田んぼレポートおいしい炊き方自然米の注文
中村さんのインタビューみんなで田植え紹介記事有機栽培米の注文

| ホーム | 配送・お支払い | 安全美味米 | アルファーウェーブ | 波のささやき/ミロッサ | コーヒー豆